忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


連日連夜のお招き。昨日は日本総領事館に自己招待だった。それほど在外邦人社会に接する重要性があるというわけで拙も必死なわけ。

外国生活では、日本人同士はなかなか仲良くならない。日本人を避けて、「自分は現地化できる」と思い込んでいる場合も少なくない。拙の場合は妻を理解するために、と英国で出来るだけ現地化を心がけたことがある。でも、1年持たなかった。以来、日本人社会に繋がることになった。

互いに見て見ぬフリをする日本人同士でも、一旦レセプションやパーティなどで会うと急接近し合う。拙も寿府では、今後いろいろな共同体に参加することになるだろう。例えば、UNのソフトボールチームとか。あ、それは邦人社会とはちゃう。

本日招いてくれたのは、在スイス50年以上の大学教授。九州大学に客員教授として数年過ごしたこともある人物で、在ジュネーブ英人社会での重鎮だが、軽快な語りとユーモアある話しっぷりに魅了される85歳のおじいちゃん。なんでもノーベル賞の選考委員らしい。

奥さんは医師で、そのお爺さんは軍医として1897年に日本に行ったことがあるとか。アーネストサトウ公使と一緒に撮影した写真を見せてもらって驚く。

拙ら夫婦以外に招かれていたのが弁護士夫婦で、フランス人の奥さんは凄い別嬪、スタイル抜群なだけではなく、PLOでパレスチナレポートを書いたヒト。スコットランド人のそのご主人とその奥さんの両人をよく見ると、「あれ、この前ニュースに出てませんでしたっけ?」「ええ、よく出ますよ」 いろいろな番組でコメントをしている。

彼らははっきり言って、英国やフランス国からのブレイン流出組み。スイスに請われて移り住んできた人たち。今晩は光栄にも招かれたわけだが、妻のジョブタイトルは名前負けしてないのかな。拙は自由人だからどうでもいい。皆、拙の話を面白そうに聞いてくれる。拙も茶々を入れる。

もう一人、ご主人は障害者で寝たきりだという奥様。話を聞いていると、Down Underの出身だが、結婚で英国貴族になってからスイスに長年住んでいるらしい。ご主人は貴族といえども成功したビジネスマンだったにちがいない。

こういう顔ぶれを見るに付け、スイスという国の面白さを感じる。自国にメリットのある人物をどんどん受け容れるんだな。

帰宅して気づいたのは携帯電話が懐にないこと。鳴らしてみても見つからない。たぶん、あの家に忘れたんだな。明日でも、明後日でも取りに伺わねば。わざと忘れたわけじゃないけど、行くのはなんとなく楽しみ。また、あの夫婦に会える。老いても輝く人たち。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]