忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


在ジュネーブのスペイン総領事館が、本国からわざわざ外務大臣を参加させて、新事務所への記念式典を行った。

招かれたので、しょうがないなあ、と行ってみると、ラテン系の言葉でもスペイン語ってフランス語とは語感がかなり違う。どちらかと言えば、好きな言語。イタリア語のようにしつこくないし、フランス語のようにいやらしく粘っていないからかな。 女子もナンパされる体勢になっているのが好ましい。(そうか?)

式典には300名以上の人々が集まっていたが、なんだか拙の頭が人ごみから出る。スペイン人は背が低いのか? 日本に居るような快適な気分。

印象的だったのは女性の笑顔。歯を出して笑うのだが、なんだか歯が大きい。顎が頑丈そう。これまでに知り合ったスペイン人たちにも同じ印象を持つ。そして、結構目鼻立ちがくっきりしている。スペインの歴史は混血の歴史だから、アラブ系も混じって一種独特なのかな。

外務大臣、ミゲル・アンヘル・モラティノス・クジャウべを紹介されると、彼はいきなり妻にチューと。なんだか意外だった。拙は握手のみで、よかった。




デジカメを持っていた拙、突如、ある女性から写真を撮れという依頼をされた(と思う)

彼女は真ん中に自分を置いて、大臣を左手に反対側に自分の旦那を置いた。 なんだか強引だなあ。 漫画「ダメおやじ」の奥さんを思い出させるし。 明日、画像を送れと言っている気がしたので、先ほどCDバーニング。スペイン人はフランス人よりも相性が良いけど、言葉が通じないとねぇ。

その後、彼女と会話する段になると、ある女性がいつもくっ付いて来て通訳してくれていた。よく見ると、ドレッシーだし、年齢の割りにスタイル抜群。 「何者?」と質問すると、外務大臣の奥方だった。思わず、「すいません、通訳なんかさせてしまって。ところで、日本語は?」と冗談を言うと、「ええ、少しだけ」

その発音からして、「少し」ではないことが判った。 彼女、数年前までマドリード大学の日本語専攻科にも通っていたそうな。そういえば、そこで働く友人がいたね。あーただよ、あーた。

ジュネーブに来て以来、式典ではフランス語、ドイツ語などが主流で、スピーチの間中眠気を散らすのに苦慮する。スペイン語でも眠くなるのだろうな、と思っていたが、やはり眠くなった。でも、考えてみれば、つまらんスピーチを聞かされれば、日本語でも眠くなるもんな。因みにスペイン外務大臣のスピーチは笑いの渦で、当方立場なし。

もう寝る。ふて寝。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]