忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の続きの前に、状況説明。拙は石持ちであった。諸検査の結果を診ても、コトの他健康であるが、体内にクリスタルを作りやすい特性がある。普通はおdebちゃんやぜーたく君がなりそうな病気であるが、それは偏見というものだ。

特にぜーたくの定義は時代とともに変化するし、何をもって贅沢というかは人それぞれだろう。拙は子供のころ、銀鮭といくらや筋子でご飯を食べていたが、それは安かったからだ。でも、今は高級食材でしょ。

 

尿管が簡単に詰まってしまうほどの巨大な石を2箇所に抱えていることが判ったので、それらを除去するには、「取り出し」と「破壊」との2つの施術が必要になった。ちなみにそれらを除去しなければ、腎機能の低下や炎症を起こす。致命的ではないにしても、激痛が始まり、腎機能が一時的に低下したときは顔面がチアノーゼに見えると言われたほど身体への負担は大きい。おまけに、拙はその痛みと何ヶ月も闘って来た、と言うか仲良くして来たのだ。手術が決まるまで、何ヶ月も掛かってしまった理由は後述するとして、痛みは友達じゃない。拙の友達は傷みや痛みから救ってくれるヒトたち。

 

場面は、昨日の続きで病棟の茶話室から。

 

頑固者で、考えを曲げないスイス人を泣かすなんて、なかなか出来ることではないそうだが、健康や生命に関わる以上こちらも必死だ。若い看護士は一生懸命になって答えた。

 

「お気持ちは十分お察しします。日本や英国ではこんなことはなかったかもしれません。でも、この病院はスイスの公立ですから、出きるだけ万人に平等にサービス提供するために、こういうことがよく起きるのです。私たちは決定できる立場ではないので、仰ることを担当医に伝えます。そして、今から出来るだけの検査をさせて頂きます。但し、明日になる以上、現時点でベッドは確保できませんし、同じ状況のヒトが3名居ます。担当医も今日の何時にアナタと話が出来るか判りません。担当医と話して、ベッドが確定するまでこの茶話室で待機していて下さい」

 

「こんなこと、昨日以前の時点で判っていたことなんじゃないの?」

 

「判っていましたけど、出来るだけ早く治療を受けて頂く為には、こうやって病院で待って頂く事が最良の方法なのです」

 

「そうじゃないだろ。連絡するとかえって面倒くさくなるから、こうしてとりあえず来させているだけだろ」とは言わずに、不承不承そのまま担当医を待つことにした。

でも、病因さえ見つけようとしなかった英国の
GP(主治医)よりはずっとマシかもしれない。国民健康保険のシステムがどんなにダメであっても、医療をちゃんと見据えた医師がGPとして働くならば、正しい診察へと導かれる筈と思う。今回ここまで病根をたくましく育てたのは、英国の国民健康保険のミスと言って憚らないではいられない。あ、舌がもつれる?

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]