忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日はJeune Genevoisという日、つまりジュネーブ断食祭という祭日だった。

おとといの夜になってから知ったので、ひとりで状況判断が出来ずに周囲の空気も読めなかった。

そんなこととも知らずに、その前日は買い物に行かなかったので、冷蔵庫の中は空っぽ。

拙宅の場合はビールもない。

あるのは妻が大量に拵えたチャツネだけ。

でも、ジュネーブは狭い。

フランス国境やヴォー州などの州境まで行けば、スーパーはいくらでもある。

普段の買い物よりも5分行程が長引くだけだ。

フランスのスーパーではプルーンやアプリコットのタルトが大量に売られている。

しかも、皆どんどん買っていく。

英語を話す家族を見つけたので、インタビュー。

「断食の期間でもプルーンは食べてもいいんですよ」

と応えてくれたメリケン人はCERNの科学者だった。

よせばいいのに、拙は聞いてみた。

「そんなに食べると、お腹が張りませんか」

「ウチはベジタリアンだから臭くありませんよ」

とその家族と合笑!

拙も桃系、杏系の果物が大好きなので、巨大な桃を厳選して購入。でも、日本の白桃に勝る桃はない。

このとき、ふとしたことを思い出す。

(いつも傷のない桃を厳選しているのに、帰宅すると必ず1個はダメになっている)

もしや、と思ってレジ係の様子を観察。

やはり、手際が荒っぽい。悪く言えば、ガサツだ。良く言っても、大らかだ。

「桃、投げんなよ」

とフランス語ではなんと言えば良いのだろう、と考えながら・・・思いつかない。

あ、次は桃の番だ。

とっさに出た言葉は、attentif!

これしか知らない。

意味は通じたようだ。でも、無視された。

英語で文句を言うと、両手を挙げられた。

「何が問題なの?」ってか。

桃の傷を見せるとno problemと自信満々の発言。

意味判ってないなこの店員。

こういう店員はブラックホールの餌食にして差し上げたい。

CERNもすぐそこだし、高速加速器も回っているし。



PR

ラマダーンはイースターと同様に、月齢によるものだから、グレゴリ歴の歳時記では来年の参考にならないかもしれない。

ジュネーブは多国籍社会だから、イスラム人も多い。

ラマダーンの期間は彼らにも試練なんだろう。

この時期の夜明けは7時、日没は20時。

この間、彼らは断食するわけで、空腹に耐えられなくなると寺院に来て、皆と話して気を紛らわせているのか、祈りを捧げているのか。

深夜近くにバスに乗ると、モスク方面の車内がごった返していた。

車内はアラビア語でかなりやかましい。

子供も多い。

あまりの人いきれに耐え切れず、途中下車して歩く。

街中は軒並みケバブ屋が大盛況。

ハラルミールの看板もあちこちに。

一般的に10時には静かになってしまうジュネーブであるが、

今晩は朝7時まで開店しているらしい。

いつもよりも味もいいのだとか。

朝までケバブ?




拙宅前のカレッジに人影が見ゆる。

朝、7時半に学生の姿がちらほら。

学生と言っても、16,7歳の若者たち。

久しぶりに会って、皆楽しそうだ。

これからの1年間は彼らにとって、大学に行けるかどうかの正念場。

進学できなかった奴らの進路が一番気になる。

学校の成績だけで何事も決められてしまう社会は少なくないが、スイスもその例外ではないらしい。

子供たちが活発になると、こちらもうかうかしていられない気分になる。

さあ、秋だ。


ソフトボールリーグのトーナメント。

拙チームは準優勝。

とても悔しい。

勝者は拙よりも先にリーグに参加されていた日本人の居るチームDH。

チーム力では、DHの方が遥かに上なのだが、

幸運にも昨日の総当り戦では8対4で我チームが勝利。

でも、決勝戦では「やはりね」と思わされた。

個々の能力が違いすぎる。

拙チームは組織力とインテリジェンスのチームだ。

DHはその上に技術と力を備えている。

このトーナメント、イベントとしても魅力的で、

一日に2試合も3試合もやって、けっこう楽しかった。

終わってから、もっと頑張れると思ったし、まだ上手くなれるような気もしている。

しかも、筋肉痛などとは無縁である。

まあ、ほぼ毎日8キロから10キロの競歩をやっているからね。

今シーズンはほぼ終了だが、惜しむらくはバッティング。

日本では、1試合に必ず本塁打を打つ腕力でも、世界的にはあまり大したことない。

今日も単打のみ。

でもなあ、絶対にもっと飛ぶ筈なんだが、と来シーズンに心を寄せてみたりして。

日に焼けて、シーブリーズをスプレイしながら、思うこと。

けっこう痛い。


リーグに対する交流戦とでも言うのだろうか。

ジュネーブのソフト界では、他リーグと一緒に交流試合をする機会が設けられている。

参加チーム全体の総当たり戦の後、

上位のチームが決勝リーグに参加できる。

試合は2日に渡って行われる。

初日、我チームは1勝1敗。

17対15で負けるというのは、理由がわかっているだけにかなり悔しい。

明日も最低で3試合がセットされている。

敗者復活戦もあるので、

優勝の可能性はまだ十分にあり。

本日の収穫は日本人プレイヤーF氏に出会えたこと。

彼は他チームの選手だが、このリーグに日本人が居たことは初耳だった。

まだまだ、ジュネーブ探訪が浅いのだろうな。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]