忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


知り合いになったスイス・ワイナリーに行ってみた。

ジュネーブからローザンヌに向かう途中のAuborneにあるVoutierさん宅。

ワインの試飲祭りは、いつですか?

と尋ねるついでに、畑の収穫の様子を見るだけのつもりだった。

しかし、またしても親切なご夫婦に世話になってしまった。

ちょうど、収穫のぶどうを潰して、ジュースを溜めているところだった。



銘柄は確かピノ・ノワールのロゼ用。

Voutierさんに試飲を勧められ、ちびり。

「あ、甘い。美味い」

Voutierさんがリフレクターという計測器を使って、糖度をチェック。



91%ってことは、1リットルのぶどうジュースの中に糖分が91g含有されているということらしい。

とにかく甘い、美味い、そして少し酸味がある。

コレだけの糖度があれば、最高のワインになるとのこと。

出来上がりが楽しみだ。



次に白ワイン用の収穫も見学。



これがブドウを摘む機械。

ブドウの房を叩いて、落下した実を満遍なく収穫。無駄になる率はわずか3%。

でも、手摘みだと10%が落下のために無駄になるらしい。



容器に一杯になると、こうしてザーッと一気にコンテナに落とし込む。

落ちたブドウを摘むと、やっぱりンマイ、アマイ。

この銘柄はシャスラで、糖度は70%くらい。これも大成功とのこと。

これまた楽しみだ。



Voutierさんの粋な計らいで、捕まり立ちしてワイン畑を二往復。

へっぴり腰に写っているのはシャッターを押した妻のせい。

ちゃんと姿勢を保ってから撮れよ。

朝、バリカンで毛を刈ったので、側頭部の毛が薄く見える。

見えないところを刈るのは難しいのだ。

でも、ブドウを刈る(狩る)ほどの難しさではないかもしれない。

もうすぐ、期間限定の濁り酒(ワイン)が飲める。うほほ。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 法と道徳 HOME 痒い季節 >>
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]