忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拙宅は4ベッドルーム庭付き一戸建てで、ガレージ付き。

おまけに屋根裏部屋は10畳ほどある。

4年前に購入してから、家の価値はほとんど上がっていない。

ロンドンまでの通勤も便利で、

徒歩で行ける駅も3つ。

ただ、難点はいくつかある。

無理に建て増しをしているので、各部屋が狭い。

アプライアンス(冷蔵庫、洗濯機など)が古い。

大きなメンテを行っていないので、ペンキの剥がれやヒビが多い。

メンテすればいいじゃん、と思われるかもしれないが、

テナントはかなりぼろぼろにしてくれるのが普通なので、

正直なところ、あまりやる気がしない。

「貸家」として不動産のHPに出して早1月、

な~んの進展もなかった。

ところが、昨日になって突如3名がテナント候補として拙宅を見に来た。

最初の2人はあまり良い反応をしていなかった。

3人目は不動産代理店の担当者よりも早く着いたので、

拙自らが招き入れて、コーヒーをオファー。


家族状況を聞くと、

拙子供たちと彼の子供たちが同級生であることが判る。

「世間は狭いねえ」と盛り上がる。

その後、代理店が来たので、家の中の案内を委ねる。

聞こえてくる声は終始「借りる気満々」に聞こえる。

でもなあ、借り手の収入の状況からその生活レベルを推し量ると、

この家では満足できないのではないか?

ディッシュウォッシャーもないし、

部屋狭いし。

たぶん、あれ直せ、これ修理しろ。

とウルサイだろうなあ。

もうひとつの心配は契約更新の段階で、

代理店をスキップして直接の賃貸借契約を言い出しそうなこと。

「子供たちが同じ学校のよしみで・・・」

なんてことになると、代理店の立場がない。

黄色帯の黒字はそういう状況を作ってしまった拙の誤りでした。

代理店の担当者の顔は終始引きつっていたもんなあ。

たぶん、これは拙の失敗。いや、大失敗かな。


ところで、

息子はまたもや手術を受ける可能性が出て来た。

NHSのボンクラ医者め!

結果は明日。


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]