忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここは備忘録なので、それらしくしようと思う。

 

「今だから書けることもあるのよ」と、銀座の姉御に言われた。まったくそのとおりだと思う。忘れぬうちに書けることは書いておこう。

 

ネタは毎日たくさん転がっている。毎日が意外性と驚きの連続である。スイスのバカやろうと言いたくなることも少なくない。でも、「こういうものか」と思っているうちに新鮮味を失う。それは英国でも、久々に戻った日本でも起きたことだ。

 

まずは経過。足の親指は抗生剤が切れる頃にウミが止まった。でも、まだ痛いのでアンティセプティックの軟膏をつけて絆創膏を貼る。1週間以内に腫れが完全に引き、痛みが取れたら施術は不要。これは簡単な手術だから英語を話す主治医に開いてもらえる。フランス語しか話せない奴に切り裂かれるのは嫌だ。でも、日本語を話す狂人に切り裂かるとしたら、もっと嫌だな。

 

もうひとつの健康問題は少々厄介。実は昨日、専門医に行った。いきなり駐車場の記述で困った。ある施設を使用するための駐車場だ、とフランス語で書いてある。でも、そんな施設は見当たらないし、地図には公共の駐車場と示されている。いい加減なのか、鷹揚なのか判らない。誰に質問しても、フランス語が耳をかすめるのでムカっとする。しかし、ムカっとするのもエネルギーの無駄。適当に見当をつけて覚悟を決めたら、病院の受付へ。レセプションも担当医も英語喋れるじゃんか、嬉しかったなあ。しかも、医師よりも拙の方がボキャや表現は広い。なんだか優越感。東南アジアに行くとシンガポール以外で味わう気分。

 

診断結果を知って、見通しが付くものの、年明けにはまた診察を受けに行かなければならない。そのとき手術するか、クスリを継続するかが判る。医師は万一のためにと、彼の携帯電話の番号も教えてくれた。こんな経験は今までにないなあ。一ヶ月あまりでだいぶうんざりしていたスイスだけど、いいとこあるじゃん。

 

処方された薬は6週間分。でも、生薬だからということで、2週間毎に薬局に行くことになった。4週間目が終わった頃がクリスマス。まあ、なんとかなるでしょ。

 

今日はテレビも少し便利になった。観ないと思っていたテレビであるが、言葉が判るとなると観たくなくても観てしまう。テレビとPCを点けたままの一日になるのかな。

 

ああ、なんだか事実の羅列だけになっちゃった。でも、こういう事実の積み重ねで話を展開していくつもり。今日考えたことも書きたかったけど、それはまた明日にでも。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]