忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


知り合いの英国人の話。

彼女はフォークランド紛争の数年後に、

同地の高等弁務官事務所に赴任していた。

彼女はガヴァナー(総督)の秘書だった。

彼女のご主人は一等書記官だった。

いつものように夫婦別々に自宅から車で出勤した彼は、

事務所に到着する直前に襲撃を受け、

還らぬヒトとなった。

これって、テロじゃん。

80年代初めのこと。

自爆テロが報道される今日この頃、

こういうことってやっぱり普通にあるんだよなあ。

日本の戦後にもいくつか隠れた事件があるけど、

今日のようにテロとして扱われることはなかった。

敗戦国のヒトビトの立場に照らしてみれば、

自爆テロが何故起きるかということは理解可能。

それが国家レベルの問題だけでなく、

夫婦・家族レベルでの悲しみに繋がることも然り。

でも、人類って成長しているんだろうか。

世の中、バカばかりに見えるのは拙の傲慢ですか。


2002年、ある英人の結婚式で

アルジェンチン人の隣に座った。

話がサッカーに及ぶ。

「ベッカム?彼は単に顔がいいだけでしょ。それ以上の何者でもない」

「君、この英国人の場に来て、すごいこと言うね」

「いや、僕は事実を言っているだけだよ」

「いやいや、事実ではないでしょ。君の見方でしょ」

「いやいやいや、僕だけじゃない。国の連中は皆そう思っているさ」

2002年W杯の直前の話でした。

あー、どこまで続く。このいたちごっこ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]