忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

寿司酢を作ろうとして、酢のカルメ焼きが出来てしまった。いや、本当はなべ底を真っ黒こげにしてしまったのだ。このまま湯に浸しても底が固まると厄介だなと、スプーンですくってみたが、もう遅かりし。底は真っ黒に炭化。

日本に住んでいれば、そんな鍋など捨ててしまうことだろう。しかし、ここはスイスだ。ゆきひら鍋などなかなか売っていまい。

築地のすし屋で餞別として譲ってもらった重みのあるゆきひら鍋。普通に買えば、3000円以上する代物。これがないとあらゆる和食の下ごしらえに影響する。スイスでは買えないし…。仕事の時間も惜しかったが、マイナスドライバーでなべ底を削るが如く磨くこと30分。ゆきひらはほぼ復元された。

削りながら、別の鍋で寿司酢を作る。ひと煮立てして完成。最大の失敗要因はまだ電気コンロに慣れないからだろう。底の丸い中華なべが使えない電気コンロは好かん。熱くなるまで時間が掛かるし、火を止めてもいつまでも余熱が残ることをつい忘れてしまう。余韻も余熱くらい長く続けば、幸福感が増すのではないだろうか、とわけ判らんことを言ってみたくなるお年頃。

ともあれ、今晩はワイルドサーモンの燻製を使った握りずしを作る。

ここまで書いておけば、きっと撮影は忘れないだろう。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
スキル
寿司を作ることは、在外日本人には不可欠なスキルですよね。
アメリカ時代は手巻きオンリーでごまかしていましたが、和食砂漠にやってきてからは、のり巻・にぎりも作らなくちゃいけなくなりました。
いつかコツを教えてくださいませ。
TLJG 2007/12/04(Tue)19:41:03 編集
Re:スキル
寿司は見よう見真似でやっていますが、相手がゲー人なら誤魔化しが効きます。拙の基本は握る手には手術用の手袋を使っていることですかね。ぴっちりしていて、生臭くならなくていいなあ、と。こびりつかないので、ご飯も無駄にしません。え、そんなことに使うなって?
【2007/12/05 00:30】
手袋
そのアイディア、早速いただきます!
(なにしろ、明後日寿司のオーダーが入ってますので)
TLJG 2007/12/05(Wed)01:26:42 編集
Re:手袋
そちらだと、ネタはどうされるんでしょうか。スモークの魚は使えますが、カニ、海老、キャビア系は軍艦巻きがいいかも。
【2007/12/06 00:10】
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]