忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


フランスの山Plateau du Retordで、ナイトハイキングをやった。

スイス人ガイドが雪山を先導する。雪道に野生動物の足跡を見つけては環境問題について、夜空の美しさと天文について、そして雪道の美しさ、下界のイルミネーションを堪能させてもらう・・・予定だった。

しかし、雪は殆どなく、曇天の闇夜、下界も少々霞んでいる。日中雨が降った黒い地面を踏みしめる暗夜行進。

「う~ん、このハイキング何が面白いのかなあ」

「まあ、雨天決行だから、それと比べればいいでしょ」

「雨天で誰がこんな危険な山道を歩きたいの?しかも、ガイド料まで払って」

でも、結局同行した人々が良くて、ずっと喋りっ放し。

途中の雪道で足を取られて少々難業でしたが、楽しい2時間の山道歩行でやんした。

この日の最高高度は1250mなのか1150mなのかは2名のスオォッチ保持者それぞれが異なるデータを示したので不問。100mの誤差は大き過ぎる。

出発地に戻る頃に下界のイルミネーションが映え、行程の辛さを忘れさせる。

ロッジに戻って、フォンデュで一杯。

実は拙の初フォンデュ。

最初の一口で美味い。とろけそうだ。とろけているのはチーズだ。

ふた口目のフォンデュも美味い。

三口目のフォンデュも悪くない。

いくつ食べたろうか、ちょっと飽きてきたところで小休止。

フォンデュ、なかなか減りませぬ。

「休むとお腹の中で膨らみますよ」とは、同伴頂いたT女史のお言葉。

飽きたので、膨らんだ方がいいかな、と思う。

同じ味が続くので、あまり長く食べ続けられない。

この経験、他の食事でもしたことあるなあ。

お好み焼き、たこ焼きがこの類。

すぐに飽きちゃう。

拙は持参したタラコと鮭のおにぎりを傍らでかぶり付く。んまい。

この集いも楽しかった。13歳の女優マデレン何某とはマンガについて語り合う。好きな日本アニメは宮崎アニメで、日本語を話せるようになりたいそうだ。彼女はけっこうメジャーなフランス映画に出ている。

フォンデュを経験してわかったことは、チーズは再利用が可能であること。フォンデュに漬けるパンは古くてもいいこと。野菜不足になること。単調な料理だけど止められないこと。次回からマイタバスコを持参しようと思うこと。七味もいいかもしれない。

いや、それよりももうフォンデュはいいかな。やはりジャパニーズフォンデュ、寄せ鍋が最高。










PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 神韻芸術祭 HOME Mブランド >>
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]