忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


至るところでバスケのコートを見かける。

プレイしている子供たちもけっこう上手。何を隠そう、拙のスポーツは野球でもなければ、陸上でもなく、バスケの経歴が最長。

と言って、長ければ上手いということではなくて、若い頃のスポーツはけっこう力任せだった。 そういうのは技術がないから後年に応える。

まず、若い頃は技術を磨くべきだ。磨いてもなかなか光らないことがあるけど、磨いていれば必ず光って来る。しかし、磨きすぎてダメになったら次のことを考えなくてはならない。

英国人である息子はラグビーでまずその障壁にぶち当たった。もうラグビーは生涯やれない。今後はサッカー、クリケット、そしてホッケーで生計を立てることを考えている。

先日はフェドラーが子供のころに練習していたテニス倶楽部を見る機会があった。設備のよく整った最高の設備だ。東横線から田園コロシアムを眺めては、「ブルジョアめ」と毒づいていた記憶が甦る。

聞いたところでは、英国同様に15歳くらいまでがスポーツ選手としての最初の試練らしい。それはある意味で日本と同じだ。もちろん、その後に開花していく選手もいるが、興行主たちは短気である。

ところが、妙なことに英国でもスイスでも14,5歳で社会に参加する洗礼を受ける。

キャリアズ・フェアと言われる就職相談があるのだ。

ちょと早すぎやしませんか?

日本ならば、女子はブラジャーをつけるころ、男子は性的妄想で頭いっぱい。

この時期に一挙に「大人になれ」と?

世の中ってそんなに余裕がないものかな。日本人はいつまでも子供だと言われるけど、別に無理に大人になんなくてもいいんじゃないの?

ま、運動選手で食べていくのなら、早熟が好まれるのも判るけど、晩熟の好選手のほうが多いような気がする。









PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
働かざるものは
くうべからずということで、学校に上がるほど頭がなければ手に職つけて食い扶持稼げやってところでしょうか?日本でも高校進学するときに普通科に行くか職業科に行くかでふりわけられていましたね。今でもそうなのかな?
Marmite 2008/03/20(Thu)16:12:04 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]