忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


水泳ではシル・ブ・プレばあさんという強敵を、

「それは人種差別ではないですか」

という一言で撃退したものだが、

今回の場合はどうも頭をひねる状況にある。

エレベータで鍵を拾ったのである。

全部で9箇所の鍵であるから、全財産をカバーしているわけで、

しかも、キーケースには住所、氏名、電話番号が書いてある。

これでは泥棒に入って下さいと言っているようなもの。

ほとんどアホだ。

管理人がホリデーで不在だったので、

階下の郵便受けで名前を確認するも、留守。

鍵の紛失に気付いていないとは、

ますますもって、アホウだ。

共通ドアの鍵もここにあるから、

インターホンを使わないと入れないだろうと、

張り紙をしておいた。

念のために紛失者自宅ドアにも張り紙。

もちろん英語だ。

1時間半後、仕事の最中、階下がやかましい。

どうやら、紛失者が近所の人々を巻き込んでいるようだ。

たぶん英語のメッセージが読めないのだろう。

でも、階は判るだろうし、こちらの名前も書いてあるのだから、直接来ればいいのに。

来ると、マダムはメルシー、メルシー、メルシー、ボクー、ボクー、ボクー・・・の連呼。

こういうお礼の言い方もあんのね。

「鍵をお渡しますが、アナタがマダム〇〇であることを証明してください」

と言うと、

メルシーおばあさんは、ケスクセ?

「アナタがマダム〇〇であるかどうかは私には判りません。誰かに証明してもらうか、パスポートかIDを見せてください。さもないと、私は何かしらの責任に問われる可能性があります」

メルシーばあさんは、英語をまったく解さず。

ならばと、隣のドアを叩く。

いない。

階下の住人のドアを叩く。

いない。

すると、メルシーばあさんは、合鍵で自分の部屋のドアを開けた。

ここが私の家です、というジェスチャー。

じゃあ、まあこれで証明されたとするか、と鍵を渡すなり、最後に無表情にメルシーと述べて、自室のドアを閉めた。何か憮然としていた様子。

階下の住人だと言っても、会ったことないからそうする以外に仕方ないじゃん。

さもなければ、拙は見知らぬ人に無条件で鍵を渡すことになってしまう。

とどのつまり、拙は彼女の財産を守ってあげた。

悪いやつなら知らん振りしていることも出来たし、家に侵入することも出来たわけだ。

部外者の入れない構造になっているとしても、見知らぬ人々もけっこう出入りしているわけで、

メルシー連発して、コトを済ませる神経が知れない。

拙なら後で、花束とかワイン1本とかお届けする。

あるいは、鍵に個人情報を付帯させておくくらいだから、やはり相当のバカなのか。

メルシーボクーが、メルシーバカーに聞こえてきた。

彼女は80歳前後、このアパートには新築だったころから40年に渡って棲んでいる。

かつて、ジュネーブとはそんなに安全な街だったんだろう。

考えてみたら、拙も相当なバカ・・・正直。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]