忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


実はフランス語を話していたことがある。

もちろん、アザブジュバンとか、タコハポンという類のものではない。

本当に仏語会話をしていたのだ。

と言っても、大学時代だから四半世紀以上前の話。

今では単語も文法も忘却の彼方だ。

主な会話の相手は米語会話研究会の先輩だった。

彼女はせっかく習った仏語も英語と同様に話せるように維持したいと言っていた。

拙の動機は彼女が少し美しかったからだ。

習い立てのフランス語を口にするのはそんなに難しくなかった。

フランス語を彼女と一緒に喫茶店や学食で喋っていたらカッコイイだろうなあ、とも思った・・・。

あれ?彼女にこのブログのこと教えたっけ・・・・?

じゃあ、今ではもっと美しいだろう。

ともあれ、動機がないと勉強する気にはなれない。

仕事も同じだ。

急ぎの仕事が入ると、なぜか大掃除が始まる。

疲れてぐったりしていると、編集者から電話が入る。

「ギャラはXXXです。でも、締め切りが迫ってます」

「ハイ、判りました」

ようやくエジソンが掛かる。いや、エンジンだった。

語学は何が動機付けになるのだろう。

仏語圏に住んでいるのだから。

  ⇒充分な動機にならない。

話せないと生活に困るから。

  ⇒話せるようになるまで困るのは避けられない。

スイス人と友達になれないから。

  ⇒ジュネーブにスイス人などいない。仏語を話す奴ばかり。

世間一般に拙の英会話能力は妻によって培われたと思われているが、あいにく妻から英語を教わることは皆無に等しい。しかし、一般に言う寝物語で会話力を磨くことなど出来るのだろうか。出来るかどうか試してみたい気もするが、そんなことをやっている余裕はない。

もうちょっと生活に困るまで、あるいは危機感を覚えるまで、自分を放っておこうか。とりあえず、仕事は英語で出来ちゃうんだよな~。

フランス語が飛び交う世界は「空耳の世界」だ。

特に、Rは痰を切る音やうがいの音に聞こえる。

発声できるけど、なんだか好きになれない。

Carpetを「カーッぺッ」と言っているような感じかな。

あ、すいません。いい加減なこと言ってます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 困ったこと HOME OOZING PUSS >>
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]