忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [48]  [47]  [45]  [44
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


息子が自チームの試合を観戦したいと言うので、

観て参りました。

前半は押せ押せで、良い所まで行ってました。

もうちょっと相手のスキが見えてくれば、

先行できるかなと思われた開始10分後、

突如パラメディックのお兄さんがピッチの中を走る。

その時、前述のダギー君のお父さんと話し込んでいたので、

あまり詳しい状況は見ていなかった。

なんだか大柄な選手が倒れているなあ、と思っていたら、

皆が口々に、「ああ、今回はオリーだよ」

「今度」というからには、「前回」もあった。

それは息子の怪我のこと。

オリーはこのチームのエースで、牽引車でもある。

トライの数も最多で、息子はその次である。

右ウィングだった息子が怪我をしたために、

オリーはバックスに移動して来たのだった。

フォーワードはスクラムポジション、

バックスは走力でボールを進め、トライするポジション、

体格のいいオリーはオールラウンドプレーヤーなので、

この際得点を確保するにはバックスに回された次第。

そのバックスというポジションは、

左右の翼に位置するだけに、

押し潰されることも少なく、最も安全である筈なのになあ。

オリーが退場した後、

前半で1トライ1キックで敵に点数が入る。

後半は盛り返す気力もなく、負けが込んで来た。

敵チームは全然強くないのに、こちらは凡ミスが重なり、選手たちからは覇気が完全に失せていた。一人の選手の怪我で全員が萎えていた。なんか弱っちい。

それでも、ダギー君のお父さんは言う、

「私もこの学校の寮で11歳から18歳まで育った。その間、ずっとラグビーをやって来たので、何度か怪我をした。でも、怪我する奴は2回でも、3回でもやるもんだ。怪我をするのは大体中心選手だ。それでも、怪我が治るとまたやっちゃうんだよなあ」

ダギーは小柄だが、堅実で、頭脳的なプレーをする。たぶん、このお父さんもそういうプレーヤーだったのだろう。

息子はさらに速いし、鋭い。タックルを掻い潜るスピードもあるし、相手の裏をかくのが上手い。それだけに相手は遮二無二タックルしてくるのだ。

ああ、もう辞めてくれ、こんなスポーツと思ってしまう。いや、格闘技よりも危険だ。あれ、格闘技か?

オリーは息子よりも重症。鎖骨のねじれ骨折で、全治2ヶ月とのこと。運動の復帰は息子よりもさらに先になる見通しで、来春以降。

身体を動かすのが好きな子供たちにはキツイだろうなあ。彼らは将来スポーツで食って行きたいってのに。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]