忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[200]  [199]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カーブとは英語で言うCave。つまり、穴倉のこと。ワインは穴倉で寝かせるもの。宍倉さんという上司を思い出すが、その御仁はポン酒派だった。

 

この半年、飲み物を振り返ってみるとワインが圧倒的に多い。ビールなど飲んだ記憶がない。赤ワインは尿酸を結晶にするし、白ワインはカルシウムを結石に負の効果があるものの、運動と食事に気をつけている拙の肉体はなんとかバランスを保っているようだ。まるで他人事?

 

スイスのワインが輸出ご禁制品で門外不出であることは過去既に述べた。ジュネーブ周辺のフランスでも売られていないくらいだから、国内生産と消費とのバランスが取れているわけだ。身土不二の思想としてはこの上もない理想と言える。エコマイレージも掛からず、地元で自給自足というのは当然と言えば当然なのかもしれない。

 

拙もスイスに来るまでスイスワインなるものを飲んだことがなかった。ジェネーブ市内では場末のディスカウントショップでもスイスワインを売っている。価格は5000円くらいから300円までと様々だが、同じ棚に並べられているところがいい。300円でも美味いかもしれないし、5000円でもダメかもしれない。どちらも同じようなボトルに収まり、「私もワインです」という表情でこちらに訴いかける。

 

よしよし、と300円のワインを拾い上げる。ついでに5000円のワインボトルも触ってみる。どちらも普通のボトルだ。300円ものと3000円のものとを購入。ちょうど10倍の価格差でどれだけ違うかを確認するため。

 

結果、300円ものはつぅんとした酸味で嫌な予感。おそるおそる啜ってみると、それだけで体調が悪くなりそうになった。口に含むなり、粘膜質をトゲが刺しまくり、吐き出しても渋みが残った。これだけ悪いと料理にも使いたくない。以来、lower limit500円くらいだなと判断している。

 

口に渋みの残ったまま3000円を開けるのはもったいない、と3000円は翌日に持ち越すつもりだった。しかし、いつの間にかワインケースから消えていたので、妻に聞くと「御礼に使った」とのこと。どちらのワインもデジカメで撮影したが、こういう話になっては比べようもないから掲載しない。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ワイン
昔TVアニメ番組のTheSimpsonsで、バートがフランスにExchangeStudentとして行くんですが、そこのぶどう農園で葡萄液を2週間くらい寝かせそれにAntiFreezeを混ぜてワインとして売ってお金を稼いでいたというストーリーがありました。安物ワインはきっとじっくり寝かせてないのでしょうね。3000円のワインがお礼に贈られるなら、そのうち同じようなワインが牧歌さんのところにも回ってくるかも?
牧歌さんはどんなワインがお好きですか?
Marmite URL 2008/06/02(Mon)16:52:58 編集
Re:ワイン
スイスに来てからワインの嗜好が変わりました。今までに飲んだことのないフルーティなものが好きになりました。ドイツワインともまた違うんです。
【2008/06/03 02:16】
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]