忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今冬は2度スキー場に行った。

でも、2度とも仕事で行ったので、スキーはしていないが、

2度とも滑って転ぶ人を見た。

30年前の夜中、横浜に住んでいたころ、

泥の雪道の中に右足を突っ込んで

スライディングをするような格好でにコケた。

昼間は受験勉強していたので、外が雪だったことに気づかず、

小腹が減った午前1時ごろに近くのミスタードーナツにココアとドーナツを買いに行く途中であった。

お尻までびっちゃりと泥にまみれたみぞれの中に埋もり、

股間は痛いわ、足首はひねるわ。

立ち上がろうとすると、右足首に力が入らない。

さては骨折?

場所は拙宅から50m、消防署まで200m

自宅治療か、救急医療

さて、どちらへ向かうべきか?

これは骨折であっても、急患というほどのものではないだろうし、

もし、骨折でなければ大恥ではないか?

明日の朝、部屋に居ないわが子が、知らぬ間に病院に担ぎ込まれていたとしたら、母と兄はどんなに驚くだろうか。どちらにしても家人を起こしたくない。

おまけに、舗装道路とは言え、黒い雪が路肩と歩道との間に積もっているし、

これは帰宅した方が良いだろうと雪道を這って家路につく。

家人はもう寝ているので、静かに風呂場に向かい、

びしょ濡れで震えながら服を脱ぐ。

右足首は捻挫とは思えない腫れ方。

凍えながら全裸になり、冷水のバケツに右足を突っ込み、

暖かいシャワーを浴びる。

冷たくて、寒くて、暖かくて、痛い。

骨折だとしても、骨が外れているようでもないので、明け方まで家人が起きるのを待つ。

夜中中痛くて眠れなかったので、勉強をした。

あさってはKO大学の入試だが、滑り止めなので受けなくても良いと思いつつ、他校の受験にも備える。

「あれ、滑り止め?でも、今滑って転んだ。いやな予感」

などと、卑近な迷信は気にしない性質だが、この一瞬の弱気に邪気が押し寄せたのだろうか。

この年、松葉杖をついて受けに行った大学にはすべて落ちてしまった。

この結果に驚いたのは拙だけではなく、拙の成績を知る人々すべてだった。

その失敗を雪のせいにするつもりはない。

でも、雪が怖い。

拙を殺すならスキー場に連れていけばいい。

ジュネーブではしょっちゅうスキーに誘われる。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]