忍者ブログ
とりあえずジュネーブをうろうろしてます。
[291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



チーズで有名なグリュイエールの近く、シャトー・ディというところで熱気球ショー。

参加スポンサーの中でも特に目を引いたのがHONDA社。

ロボットのアシモ君をモチーフにしたデザイン。

観衆の注目はホンダの熱気球へ。

あいにく、この日は曇天で青と白のアシモ君はイマイチ目立たない。

2週間行われるこの熱気球大会。アシモ君のデザインは晴天でこそ映える。

海抜が1000m近いところにあり、天候は割合に安定しているので、

と思いきや、この日は曇天ではイマイチ鋭さが出しきれないアシモ君。

下の画像のアシモ君は山の上の教会の方に流されつつ・・・





アシモ君は左側、街の方向に流れる。

同時に今大会のリードをする気球がレース終了後すぐに撤収作業。



どんどん小さくなりつつ、

右側から数名でロープを引っ張り空気抜き。



どんどんちいさくなる。

その間にアシモ君復活!



と思いきや、アシモ君が突如我々の視界から消える。

丘の上の教会ではなく、もうひとつのプロテスタント教会に向かってみると、

なんとホンダチームの車が通りかかり、途中で職員をピックアップ。






教会の敷地内に不時着したアシモ君。

我々が到着すると、続々とヒトが集まる。

やっぱ、皆アシモ君の勇士を見たかったのだろうなあ。



こんなところでどうした、アシモ君。

これ以上の航続は無理ということで、撤収。



萎んでいくアシモ君は手を振っているようにも見えた。

この気球大会。本日は最終日。この2週間の話を聞くと、一番人気の気球はアシモ君だったとのこと。

一番手が込んでいるだけに、そりゃそうだろうな、と。

しかし、2週間毎日飛ばしていれば、傷みも増えていくだろう。

最終日まで持たなかった気球も多かったらしいが、

アシモ君は複雑な形でそのオペレーションも大変だったろうから、

よく保ったと言ってあげたい。

参加しているすべての気球の製作会社はエゲレスのキャメロン社。

ユーロ2008で大噴水ジェッドの上に浮かんだ直径10mのサッカーボールも同社製造。

確か、直前に穴があいて修繕に1000万円掛かったと聞くが、

実際はそんなに払ってないらしい。

気球もいいけど、往復5時間の列車内で本が1冊半読めた。

これは久々のリラックスタイム。

来年もまた来ようかな。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/01 多田宗太郎]
[12/09 Marmite]
[09/16 Marmite]
[09/09 orange]
[05/16 Marmite]
プロフィール
HN:
牧歌
性別:
男性
職業:
趣味に被る
趣味:
職業に近い
自己紹介:
欧州をうろつく牧歌人。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]